キャッシングサービスにはさまざまなものがありますが、WEB完結であるとか、即日キャッシングであるとか、そういうのは、大体どこの会社でもやっています。

しかし、プロミスの利息無料サービスはなかなか珍しいし、有用だと思います。利息無料で会社として経営していけるのかと一瞬、疑ってしまいますが、もちろん、永遠に利息が無料なわけではありません。初回限定ですし、借りる期間は30日間以内という期間制限もあります。

何回も借りる予定がある人にとっては大差無いでしょうが、一度しか借りないのならば、実質、利率0%なわけですから、最高のキャッシングサービスといえます。プロミスサイドとしては、初回限定で甘いサービスをして、顧客を囲い込もうということでしょうが、その後、利用するしないは別に自由ですから、利用者が損をするわけではありません。

借りる機会がめったにない、あるいは、借りる予定が無いという人も、プロミスの利息無料サービスを覚えておくといいでしょう。私も初めてキャッシングを利用したときは、自分がキャッシングを利用することになるとは思っていませんでした。お金に困るときというのは、本人の想像を超えてやってくるものです。備えあれば憂いなし、便利なサービスを知っているかどうかだけでも結構違いはあると思いますよ。

キャッシングをするときに受ける在籍確認はやましいことがなくてもなんとなく嫌なものです。

本人確認の電話は携帯電話があるので家族に知られる心配はないのですが在籍確認はそういうわけにはいきません。
特に規模の小さいアットホームな中小企業の場合あっという間に噂が回ってしまいキャッシングした理由を根掘り葉掘り聞かれることになります。

理由を話して納得してくれそれで話が終わればいいのですが、先輩の社員から借金は駄目だぞとか、借金のお金を娯楽に使うなんて間違っているなどと説教が始まってしまってはたまりません。

この辺は価値観の違いなのでどんなに議論をしても納得してもらうことは難しいのでやり過ごすのが賢明だと思います。
そんなある日彼女との旅行が決まりました。お互いが社会人になってからというものなかなか休日のスケジュールが合わなくてすれ違いの日々が続いていました。

携帯電話で毎日話してはいたのですがやっぱり直に合って会話する方が何倍も楽しいですし、大好きな彼女と一緒にいるだけで幸せな気分になれます。
しかし、社会人になると付き合いが多くなり出費もかさみます。

その時はたまたま友人の結婚式などが立て続きお金に余裕がありませんでした。

キャッシングすることになるのですが会社には知られたくありませんでした。

なんとか会社に知られずにキャッシングする方法はないかとネットを検索しているとモビットにはWEB完結というザービスがあるのを知りました。

これは収入証明書などの書類を提出すれば会社に在籍確認の電話を入れられずに済むというものです。手続きは問題なく進み無事モビットから融資を受けることができました。

私はお金のほうがピンチになりますと、必ず利用しているところがあります。
それはプロミスです。
プロミスはかなり使い勝手のよろしいところになっていますので、
安心して利用をさせていただいているというわけなのです。

そのプロミスですが、使い勝手の良さという部分としましては、
インターネットや電話で振り込み依頼ができるという部分があります。
田和氏は主にインターネットから振り込み依頼をして振り込んでもらっています。
家に居ながらにして、パソコンから振り込みを依頼していくことができるのです。
そして携帯電話から、振り込みの申し込み依頼をすることもできます。
携帯電話のインターネット機能を使うことによりまして、
外出先からでも申し込みができるようになっているのです。

しかも、三井住友銀行やジャパンネット銀行に口座があれば、
24時間対応ですぐに振り込みができるようになってういるという特徴があります。
私自身、そちらには口座がありますので、すぐに振り込んでいただけるというわけです。
非常にありがたい内容になっていますので、
これからもしっかりと活用のほうをさせていただこうと思っている次第です。

ちなみに上記の振り込みスピードですが、
申し込みをインターネットからしまして受け付けが終了しましてからわずかに10秒程度です。
すぐに現金が欲しいというような状況には大いに役立ってくれることが確実なスピードです。

ただし、月曜日の0時から朝の7時まではサービスが停止していますので、
その時間帯は対応していただけません。
そのことを私自身前もって知っていましたので、
すぐにお金が必要な時もしっかりと対応をさせていただいたというわけです。
また銀行によってもサービスが停止になっていることがありますので、
そちらも調べて利用していく必要があります。

即日融資には、様々な融資機関の即日融資商品があります。

金利の低い、利用のしやすい融資商品やスピード融資の審査時間の早い融資。

更に最近は大口に即日融資も色々と誕生し、中には融資には必ずある電話連絡が無い即日融資もあり、利用者のニーズに合わせて即日融資商品を選ぶ事が出来ます。

また、審査が心配な方のための審査の柔軟傾向な融資もあります。

しかし、この審査が不安でお金を借りることをを必要とする方を陥れる業者も中にはおります。
その業者は、いかにも「簡単に融資をしますよ」というような誘い文句で勧誘する業者であるとか「お持ちのクレジットを現金にしますよ」というような悪質な業者となりますが、いずれにしてもこうした類の業者は、即日融資の利用を検討していて審査が不安という方は尚更十分に気をつけなくてはいけません。

お金を必要で、どこも貸してくれないという場合、やはり気持ちは焦ります。
しかし「クレジット➞現金化」は違反行為となるもので、こうしたものを利用された方は必ず困難に陥る事になります。

こうしたものは「カードで品物を買わせる➞買収業者に転売➞現金化」となるわけですが、結果的にそれを利用した方の手元に来るお金は、その購入額よりも低い。

そのため債務を増やすだけで、融資を受けたいと考える側には利益が何もないものですし、それがカード会社に分かると違反行為なので、一括返済を迫られる羽目になりかねないのです。
もちろんカード会社に違反がばれて一括返済になるケースは、あまり聞く事はないですが、即日融資をエサにこうした悪質な業者もおりますので、正規の業者で融資が受けられないという場合は、お金を借りるという意識ではなく、何とか収入を増やすことへ意識をまわすように心がける事も大切です。

貸金業者による即日融資は、審査も融資も早く非常に魅力的な融資でしたが、総量規制の問題もあり、借入範囲が決められています。

そのため融資を受けられない人が増えるのでは?という懸念の声も確かに上がりましたが、即日キャッシングは借りやすいものだけにそれがいつの間にか増えて返せないという事にもなりかねるので、正規の業者で既に借入が難しい方は、融資よりも収入をなんとか増やすような努力をされる事が大切なのです。

 

 

銀行や信販クレジット会社や消費者金融会社にとって、事業者カードローンは儲かるローン商品です。

何故なら、事業者カードローンの1件当たりの融資上限額は、一般の個人向けの無担保カードローンの融資上限額の数倍から数十倍のケースが多いからです。

例えば、プロミスのカードローンの融資上限額は300万円ですが、事業者カードローンは無担保の場合でも融資の上限額が300万円を超える場合があります。

また、一般の個人向けのカードローンは無担保で無保証ですが、事業者ローンは不動産担保付や有価証券担保付や保証人が付く場合がありますから貸し倒れは非常に少なくなっているのが特長です。

従って、事業者カードローンは確かに件数は少ないことは事実ですが、一般の個人向けの無担保カードローンよりも遥かに儲かるカードローン商品というイメージなのです。

その様な事業者カードローンの口コミ情報が寄せられています。

「卸し先からの入金がパンクして、急遽、事業者カードローンを利用することになりました。入金で仕入先に支払う予定だったからです。1,000万円の希望額に対してプロミスの回答は300万円でしたが、審査から回答までの時間が短くて助かりました。とりあえず300万円を入金すれば、今日の入金は足りるからです」とのことです。

この口コミの様に消費者金融会社の事業者カードローンを申込む中小零細企業の経営者は、急な資金需要を抱えている人ばかりです。

従って、急な資金需要を抱えている人にとっては、審査や手続に時間が掛かることは融資を断られることに等しいのです。

例え融資に断られても、早い回答であれば次の業者に交渉することもできるからです。

事業者カードローンを申込む中小零細企業の経営者にとって最も困るのは、審査を待たされた挙句に融資を断られることです。

3時を過ぎるまで待たされて断られた場合は、次の業者の申込は翌日になってしまいます。

 

Back to top